奈良町で呉服店と吉野葛専門店を営む店主によるひとりごと www.nizuka.com


by yamadais
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

なら燈花会

b0107408_19443334.jpg
1999年より始まった、奈良の夏の風物詩『なら燈花会』が来月6日より催されます。
佐久良の甘味処でも期間中『佐久良涼風席』と題し、趣向をこらしたお席をご用意致します。
奈良町散策の折には、是非当店で心身ともに癒して下さい。

期間外でも、八月中は奥座敷を開放しております。
[PR]
# by yamadais | 2006-07-27 19:54 | 吉野葛 佐久良

お子様じんべい

b0107408_208479.jpg
当店では20数年来お子様じんべいをお取り扱いしています。
現在はほとんど京都の加藤萬製で、上質な綿素材で肌触りが良く、洗濯にも強いので、夏の定番商品となっています。柄も年々豊富になり、どれも可愛らしくご好評頂いております。

これから夏休みに入ると、夏らしい行事も多く、活躍の機会も増えますので、お近くにお越しの際は是非ご覧下さいませ。参照
[PR]
# by yamadais | 2006-07-18 21:13 | 染織工芸ニ塚

くず白雪


b0107408_1763784.jpg
甘味処の夏メニュー『くず白雪』を始めました。
白雪のような柔らかい氷に、こしあん、粒あん、葛煮黒豆、自家製白玉、作り立ての本葛もちを添えています。自家製抹茶蜜又は白蜜をかけてお召し上がり頂きます。

当店は本葛の良さを堪能して頂くため、メニューは増やさない方針でしたが、やっぱり夏は冷たい氷は必要ですよね。。葛もちのもっちり感と二種類の氷のシャキシャキ感、他にはない味に仕上がっていますので、是非ご賞味下さいませ。
[PR]
# by yamadais | 2006-07-16 17:14 | 吉野葛 佐久良

白雪ふきん新柄『金魚』


b0107408_20123218.jpg
白雪ふきんの新柄『金魚』を入荷しました。
色は、パイン、イチゴ、ソーダーの3色。かき氷のような涼しげでポップな色味です。

白雪ご贈答セットも期間限定で少しお得になっておりますので、お中元や夏のご挨拶に是非ご用命下さいませ。
[PR]
# by yamadais | 2006-07-02 20:18 | 染織工芸ニ塚

夏の贈り物


7/1より、夏の贈り物キャンペーンを行います。
詳しくはこちらをご覧下さいませ。
お中元自体、昔に比べると減少しています。
そんな時代だからこそ、こだわりの体に良いもの吉野葛を是非お選び下さい。

葛は日持ちがしますし、お子様からお年寄りまで安心してお召し上がり頂けます。
私どもの孫達も、帰省する度に葛菓子や葛湯、葛もち、葛きりを楽しみにしています。
葛菓子は甘さひかえめで、大人向けのように思いますが、店頭でも試食品をお子様が喜んでつまんで下さるのをいつも微笑ましく拝見しております。

葛もちは、少し前にテレビで話題になってから、葛もちを目指して来られる方が増えました。日持ちがしますので、急な来客用にもちょうど良いですよ。
[PR]
# by yamadais | 2006-06-28 00:34 | 吉野葛 佐久良

奈良の花街・元林院


b0107408_12272925.jpg元林院(がんりいん)町は興福寺近くの猿沢池西側に位置します。
大正から昭和初期の最盛期には、京都の花街に匹敵するほどの賑わいをもっていましたが、今日では芸妓さん13人、置屋3軒、奈良に花街のあることを知る人も少なくなりました。
左は現在の元林院。中程にある「レストランまんぎょく」さんは、25年程前まで元置屋「萬玉楼」を経営されていました。

b0107408_12293433.jpg次の写真の右側の建物は、以前の元林院の象徴と言われた料理旅館「明秀館」です。

奈良の月刊誌『ならら』(当店でも販売)の6月号には元林院の特集が組まれており、芸妓の菊乃さんの記事も掲載されています。佐久良にお越しの際には、是非お手に取ってご覧下さい。
[PR]
# by yamadais | 2006-06-25 12:32 | 奈良町通信

杉岡華邨書道美術館


b0107408_1864871.jpg当店の3軒隣に『杉岡華邨書道美術館』があります。
その名の通り、文化勲章を受賞された杉岡華邨先生の作品を展示した書道専門の美術館です。奈良市が作品の寄贈を受けたのを機に、貴重な作品を永く後世に伝えるため2000年8月に開館しました。
建物も立派で新しく、緑の入口の先のロビーはガラス張りで、とても気持ちが良いです。

『吉野葛 佐久良』にお立ち寄りの際は、無料券(通常入館300円)をお渡しできますので、是非お声をおかけ下さい。書道はちょっと。。。と思われる方も休憩がてら覗いてみて下さい、なかなかの穴場ですよ。
7月23日(日)までは「日本芸術院賞受賞作品展」を実施中です。
[PR]
# by yamadais | 2006-06-24 18:08 | 奈良町通信

ひとえもの、ゆかた展


b0107408_19554584.jpg
当店内において、6月16日(金)〜20日(火)まで『ひとえもの、ゆかた展』を開催しております。この機会に是非お立ち寄り下さいませ。

ゆかたは、近年夏祭りなどで着ておられる姿をよく見かけるようになりましたね。着付けやお手入れも簡単なので、若い方を中心に是非もっと気軽に着て頂きたいです。

ゆかたにも流行があり、最近は白地の古典柄が人気です。以前と違ってデザインものも多く出ています。帯も柄ものが増えていますが、当店では正絹の帯をお奨めしております。
実際に結んでみると一目瞭然ですが、結び目が凛々しくて決して型くずれやほどけたりすることがありません。化繊の場合は、どうしてもくったりと下がりがちになります。

着物は帯で締めていますので、是非ゆかたの帯もこだわりをもってお選び下さい。
[PR]
# by yamadais | 2006-06-17 20:00 | 染織工芸ニ塚

白雪ふきんについて


b0107408_20255599.jpg当店に垣谷さんがお見えになったのは、5年程前でしょうか。
当時、奈良晒のふきんは他にも置いていましたが、めずらしい友禅柄の白雪ふきんに魅力を感じ、仕入れさせて頂くことになりました。

その後、垣谷さんのご努力で全国的に知られるようになり、商品数や柄も豊富になり、今ではふきんと言えば、白雪ふきんと言われるようになりました。

我が家でも、一度使い始めてから手放せなくなり、毎日愛用しています。
友禅柄は季節に合わせて、常に数枚をを交互に使うことにより、傷みが少なく長持ちしますし、麻ふきんはやはり驚く程丈夫です。

デザインもすべてオリジナルでされており、次はどんな柄を出されるのか楽しみにしています。毎日使うものだからこそ、こだわりを持って選びたいものですね。

奈良垣谷繊維製 白雪ふきん
[PR]
# by yamadais | 2006-06-15 22:05 | 染織工芸ニ塚

日々徒然


奈良町の中心に位置する染織呉服店 店主によるひとりごと。
きもの全般、きものリフォーム、和の贈り物についてのお話をはじめとして。
隣に位置する吉野葛専門店"佐久良"のこと、奈良の情報、季節の花のことなど。
日々、気軽に綴らせて頂きたいと思っております。

染織工芸二塚 吉野葛佐久良
[PR]
# by yamadais | 2006-06-11 14:57